更新日: 2022年5月10日

ここから本文です。

桑名市ゼロカーボンシティ宣言

2050年までに本市からの二酸化炭素の排出実質ゼロを目指す「桑名市ゼロカーボンシティ」を宣言しました。

近年、地球温暖化の影響とみられる異常気象によって、毎年のように地球規模で甚大な災害などが発生しています。そのため、私たちの取巻く環境は大きく変化し、生命や財産を脅かす「気候危機」と言われる状況となっています。

2015年に合意されたパリ協定では、「産業革命前からの平均気温上昇の幅を2度未満とし、1.5度に抑えるように努力する」との目標が国際的に広く共有され、その実現には2050年までに温室効果ガスの実質排出をゼロにすることが必要とされました。
市民の命と暮らしを守り、未来を創る子どもたちの為に、ゼロカーボンシティの実現に向けて、市民や民間事業者等と連携し取り組んでいきます。

ゼロカーボンシティとは

脱炭素社会の構築に向けて、2050年までに二酸化炭素または温室効果ガスの排出量を実質ゼロにすることを目指す旨を表明した自治体です。

桑名市ゼロカーボンシティ宣言文(PDF:412KB)

お問い合わせ

総務部 グリーン資産創造課

電話番号:0594-24-1217

ファックス番号:0594-24-6312

トップページ > 市政情報 > 施策・計画 > ゼロカーボンシティ > 桑名市ゼロカーボンシティ宣言