更新日: 2022年7月5日

ここから本文です。

東海三県の自治体初「カーボンニュートラルな都市ガス」の供給を開始しました。

桑名市と東邦ガス株式会社との双方で対話を重ね、合意に至ったことから、市内38の公共施設に「カーボンニュートラルな都市ガス」の供給を開始しました。なお、この取り組みは自治体としては東海三県初となります。

贈呈式の様子

2022年7月4日に桑名市役所にて開催した供給証明書贈呈式の様子

 

「カーボンニュートラルな都市ガス」とは、天然ガスの採掘から燃焼に至るまでの工程で発生する温室効果ガスを、CО₂クレジットにより相殺(カーボンオフセット)し、燃焼しても地球規模では、CО₂が発生しないとみなすLNGを活用したものです。

LNG取り組み

桑名市役所本庁舎 

カーボンニュートラルな都市ガスを供給する桑名市役所 本庁舎(一例)

  • 契約先:東邦ガス株式会社
  • 需要場所:市内38の公共施設(桑名市が直接管理運営に携わり、都市ガスを利用しているすべての施設)
  • 供給予定量:500,000立方メートル/年
  • CО₂削減効果:1,300t/年
 

 

桑名市では、市民の暮らしを守り、誰一人取り残さない持続可能な街づくりを目指すため、令和3年3月に「桑名市ゼロカーボンシティ宣言」を行いました。引き続き、ゼロカーボンシティの実現に向けて、幅広く情報を発信し、できることから取り組みを進めていきます。

ゼロカーボンシティロゴ

お問い合わせ

総務部 グリーン資産創造課

電話番号:0594-24-1217

ファックス番号:0594-24-6312

トップページ > 市政情報 > 施策・計画 > ゼロカーボンシティ > 東海三県の自治体初「カーボンニュートラルな都市ガス」の供給を開始しました。