更新日: 2023年2月6日

ここから本文です。

『認知症初期集中支援チーム』について

桑名市では、認知症になっても本人の意思が尊重され、できる限り住み慣れた地域の良い環境で暮らし続けられるよう、「認知症総合支援事業」に取り組んでいます。その一環として、「認知症初期集中支援チーム」を設置し、早期に適切な医療、介護サービスが受けられるよう支援しています。

認知症初期集中支援チームは何をするの?

認知症かも?と思われる方や認知症の症状でお困りの方のご自宅へ訪問し、相談に応じたり、医療、介護サービスの説明等を行います。(必要に応じ、主治医、介護サービス事業所と情報共有し、連携していきます)

また、桑名市日常生活圏域ニーズ調査『いきいき・くわな』の結果をもとに訪問させていただくこともあります。

認知症初期集中支援チームには誰がいる?

桑名市地域包括支援センターの保健専門職、福祉専門職がチーム員となり活動します。また、桑名医師会推薦の医師がチーム員と情報共有し、指導・助言などチーム員をバックアップします。

どうやって相談したらいいの?

お住まいの地区を担当する地域包括支援センターへご相談ください。

高齢者福祉や介護に関する相談窓口

認知症かも?と思ったら「認知症初期集中支援チーム」にご相談ください!(PDF:602KB)

お問い合わせ

保健福祉部 介護予防支援室

電話番号:0594-24-5104

ファックス番号:0594-27-3273