固定資産評価基準に基づき、地目別に定められた評価方法により評価します。

1.地目

地目は、田および畑(あわせて農地といいます。)、宅地、鉱泉地、池沼、山林、牧場、原野および雑種地をいいます。
評価上の地目は、土地登記簿上の地目にかかわりなく、その年の1月1日の現況によります。

2.地積

原則として、土地登記簿に登記されている地積によります。

3.価格(評価額)

状況が類似する地区の標準的な土地を選定し、売買実例価格に基づく適正な時価を基礎として、それぞれの土地の状況により必要な補正を行い価格を求めます。なお、宅地の評価については、公的土地評価の相互の均衡化・適正化を図るため、全国一律に地価公示価格などの7割を目途に算出されます。

4.路線価などの公開

土地の評価についてご理解いただくために、評価額の基礎となる路線価などを公開しております。

5.所要の補正

土地の評価額を算定するにあたり、個々の土地における個別的要因を評価に反映させるため、宅地等の状況に応じ、市独自の補正(以下、「所要の補正」といいます。)を適用しています。利用価値が減少すると判断されるような土地の場合、現地調査等による確認や申出を受け、適用要件を満たす場合には、翌年度から適用します。

詳しくは、税務課固定資産税係までお問合せください。

所要の補正の内容
補正の名称 内 容
崖地補正 土地の一部等が崖地である場合に適用されます
無道路地補正 土地が道路に接続していない場合に適用されます
高低差補正 接道する道路と高低差がある場合に適用されます
高圧線補正 高圧線下にある土地に適用されます
都市計画施設予定地補正 都市計画施設予定地に定められている土地に適用されます
日照阻害地補正 マンション等による日照阻害を受けている土地に適用されます
水路補正 接している道路との間に水路がある土地に適用されます
横断歩道橋補正 前面に横断歩道橋がある土地に適用されます
騒音・振動・臭気補正 騒音・振動・臭気の影響がある土地に適用されます
墓地隣接地補正 墓地に隣接する土地に適用されます
地下阻害物補正 地下阻害物がある土地に適用されます
土砂災害特別警戒区域補正 土砂災害特別警戒区域に指定されている土地に適用されます