住宅用地の申告

住宅用地については、その税負担を軽減するため、固定資産税の課税標準額に対する特例措置が設けられています。

この特例措置を正しく適用するために、土地や家屋の利用状況が変わったときは、税務課 固定資産税係に申告していただく必要があります。

 住宅用地に対する課税標準の特例

 

 申告が必要な場合

(1)住宅を新築・増築したとき

(2)住宅を全部又は一部取り壊したとき

 

  申告の方法

 土地や家屋の利用状況を変更した年の12月28日までに、次の申告書又は申請書を税務課 固定資産税係へ提出してください。

(1)住宅用地の利用状況を変更した場合の申告書様式

  固定資産税・都市計画税課税標準特例該当土地申告書(エクセル).xlsx [17KB xlsxファイル] 

  固定資産税・都市計画税課税標準特例該当土地申告書(PDF)pdf [65KB pdfファイル] 

(2)住宅を全部又は一部取り壊した場合の申請書様式

  既存建物取壊し申請書(エクセル).xls [44KB xlsファイル] 

  既存建物取壊し申請書(PDF).pdf [63KB pdfファイル] 

Adobe Reader は、Portable Document Format (PDF) ファイルを表示および印刷するための無償のソフトウェアです。

最新バージョンのインストールをお薦めします。

Adobe Reader はこちらのリンク先より、無料ダウンロードができます。(新しいウィンドウが開きます)

AdobeReaderをダウンロード>>