更新日: 2022年6月27日

ここから本文です。

熱中症を予防しましょう

暑い日が続いています。マスク着用時は、体内に熱がこもりやすくなり、マスク内の湿度が上がることで、喉の乾きに気づきにくくなります。

また、外出機会の減少や運動不足も熱中症リスクを高めますので、しっかりと予防をしましょう。

予防のためには

  • こまめに水分補給をしましょう。
  • 大量に汗をかいたら経口補水液などで塩分も補給しましょう。
  • 我慢せずにエアコンを使いましょう。
  • 定期的な換気も忘れずに。
  • 暑さに備えた体づくり(適度な運動)と、日頃から体調管理をしましょう。
  • 夏場は、熱中症防止の観点から、屋外でマスクの必要のない場面では、マスクを外すことを推奨します。

「新型コロナウイルス感染症対策」

<屋外・屋内でのマスク着用について(厚生労働省資料より)>

  • マスク着用は従来同様、基本的な感染防止対策として重要です。一人ひとりの行動が、大切な人と私たちの日常を守ることに繋がります。
  • 屋外では、人との距離(2m以上を目安)が確保できる場合や、距離が確保できなくても、会話をほとんど行わない場合は、マスクを着用する必要はありません。
  • 屋内では、人との距離(2m以上を目安)が確保できて、かつ会話をほとんど行わない場合は、マスクを着用する必要はありません。
  • 高齢者と会うときや、病院に行く時は、マスクを着用しましょう。
  • 通勤ラッシュ時や人混みの中ではマスクを着用しましょう。

 

熱中症の主な症状 重症の場合
めまい、たちくらみ、手足のしびれ、こむら返り、気分が悪い、頭痛、吐き気、嘔吐、倦怠感、虚脱感、いつもと様子が違うなど 返事がおかしい、意識消失、けいれん、体が熱い、自力で水分が飲めないなどの症状がある場合は、すぐに救急車を呼びましょう。

お問い合わせ

保健福祉部 保健医療課

電話番号:0594-24-1182

ファックス番号:0594-24-3032

トップページ > 健康・医療・福祉 > 健康 > 健康づくり > 熱中症を予防しましょう