更新日: 2022年2月1日

ここから本文です。

【公民連携事例2】 先進的都市型スマート住宅供給事業

事業の概要

桑名市では、平成25年3月に策定した「桑名市スマートエネルギー構想」において、「エネルギーを大切にするとともに、自給意欲が高い、安全・安心なまち」、「環境にやさしく、循環型社会に貢献できるまち」を推進しています。

この度、民間事業者(大和ハウス工業株式会社様)と協定を締結し、家庭や地域コミュニティにおいて、生活の快適さを失わない節電・省エネルギーなどにより効率的なエネルギー利用を実現する、先進的都市型スマート住宅モデルタウンを創出しました。

「スマ・エコタウン陽だまりの丘」まち開き

平成27年7月23日、まち開きセレモニーが行われました。

まち開きセレモニーの様子

下記ページにて、セレモニーの概要を紹介しています。

http://www.city.kuwana.lg.jp/index.cfm/24,46222,282,625,html

事業の特徴

  • 区画内の全戸に太陽光発電設備を設置します。
  • 大規模な共用太陽光発電設備を有し、その売電収益を防犯灯や住宅のメンテナンス等、住民の暮らしに役立てます。(日本初
  • 総エネルギー創出量が総消費量を上回る、「ネット・ゼロエネルギータウン」を実現します。(県内初
  • 民間事業者(NTN株式会社様)から貸与を受けた超小型モビリティを住民間でシェアします。

<全体イメージ>

<超小型モビリティ>

<まちの共用太陽光発電設備>

事業の詳細については

桑名市役所 経済環境部 環境政策課 まで

TEL:0594-24-1437

※ 公民連携に関するお問い合わせは、下記政策経営課までご連絡ください。

お問い合わせ

市長直轄組織 政策創造課

電話番号:0594‐24‐1462

ファックス番号:0594‐24‐1412

こちらのページも読まれています

同じカテゴリから探す

公民連携の取り組み事例

トップページ > 市政情報 > 施策・計画 > 行政改革・公民連携 > 公民連携 > 公民連携の取り組み事例 > 【公民連携事例2】 先進的都市型スマート住宅供給事業