更新日: 2022年2月1日

ここから本文です。

【公民連携事例22】地方創生SDGsの推進に関する包括連携協定締結

地方創生SDGsの推進に関する包括連携協定を締結しました

桑名市と桑名商工会議所、桑名三川商工会、桑名三重信用金庫、東京海上日動火災保険株式会社は産業・経済の活性化及び住民活力の創出を図り、桑名エリアの地方創生SDGsを推進すること目的に令和2年10月14日に協定を締結しました。

この協定は、公民連携ワンストップ窓口「コラボ・ラボ桑名」に東京海上日動火災保険株式会社様から、地方創生SDGsの推進について連携のご提案をいただき、5者間で対話を重ね、協定を締結する運びとなりました。

なお、東京海上日動火災保険株式会社様と三重県の市町とのSDGs推進に関する協定締結は今回が初めてです。

(左から 桑名三重信用金庫理事、桑名商工会議所会頭、桑名市長、桑名三川商工会会長、東京海上日動火災保険(株)三重支店長)

協定内容

5者は、前条に規定する目的を達成するため、SDGsが掲げる17の目標について連携し、特に次に掲げる事項に重点を置いて取り組むものとする。(以下「重点連携事項」という。)

  • すべての人に健康と福祉を(SDGs項目:3番)
  • ジェンダー平等を実現しよう(SDGs項目:5番)
  • 働きがいも経済成長も(SDGs項目:8番)
  • 産業と技術革新の基盤をつくろう(SDGs項目:9番)
  • 人や国の不平等をなくそう(SDGs項目:10番)
  • 住み続けられるまちづくりを(SDGs項目:11番)

上記重点連携事項は、5者間の協議により追加・変更する場合があります。

お問い合わせ

市長直轄組織 政策創造課

電話番号:0594‐24‐1462

ファックス番号:0594‐24‐1412

こちらのページも読まれています

同じカテゴリから探す

公民連携の取り組み事例

トップページ > 市政情報 > 施策・計画 > 行政改革・公民連携 > 公民連携 > 公民連携の取り組み事例 > 【公民連携事例22】地方創生SDGsの推進に関する包括連携協定締結