更新日: 2022年2月1日

ここから本文です。

【公民連携事例1】 高齢者見守りネットワーク事業

事業の概要

桑名市では、支援を必要とする高齢者を早期に発見して適切に支援することを目的として、民間事業者との「高齢者見守りネットワーク事業協力に関する協定」に取り組んでいます。
これは、民間事業者の日常業務を通じて、気付いた高齢者等の異変を通報していただけるよう、行政と民間の連携を強化し、協力を依頼するものです。

協定先の広がり(平成27年度~)

平成27年4月6日 東邦ガス株式会社 西部支社 四日市営業所 桑名サービスセンター さま

平成27年7月1日 株式会社セブン-イレブン・ジャパン さま

平成27年9月18日 倉知牛乳株式会社 さま、森永牛乳多度販売店 さま、森永牛乳木場販売店 さま

平成27年9月18日 ワタミフードシステムズ株式会社 さま

平成27年9月24日 アピタ桑名店 さま、ピアゴ星川店 さま、ピアゴ多度店 さま、ピアゴ赤尾店 さま

事業の詳細については

桑名市役所 保健福祉部 介護高齢課 介護予防支援室 まで

TEL:0594-24-5104

下記ページにて、事業の詳しい内容を紹介しています。

桑名市地域共生社会に向けた見守り協力事業

また、下記ページにて、「高齢者見守りネットワーク事業」をはじめとした、桑名市における「地域包括ケアシステム」の構築に向けた取組みについて、幅広く情報を提供しています。

地域包括ケアシステムのお知らせ(平成27年度下半期)

※ 公民連携に関するお問い合わせは、下記まちづくり推進課までご連絡ください。

お問い合わせ

市長直轄組織 政策創造課

電話番号:0594‐24‐1462

ファックス番号:0594‐24‐1412

こちらのページも読まれています

同じカテゴリから探す

公民連携の取り組み事例

トップページ > 市政情報 > 施策・計画 > 行政改革・公民連携 > 公民連携 > 公民連携の取り組み事例 > 【公民連携事例1】 高齢者見守りネットワーク事業