更新日: 2022年2月1日

ここから本文です。

【公民連携事例19】除菌効果のある超音波式加湿器の設置

事業の概要

桑名市では、市の社会課題・地域課題の解決を目指し、民間事業者等と行政の対話により連携を進め、お互いの知恵とノウハウを結集して新たな解決方法、新たな価値を創出するため、幅広く提案を募る公民連携ワンストップ対話窓口(コラボ・ラボ桑名)を設置しています。

この度、新型コロナウイルス感染症拡大が大きな社会問題となる中、県内の事業者である株式会社ハンエイ(三重県鈴鹿市)より、市民の方が少しでも安心して市役所を利用していただけるようにとの思いから、除菌効果のある微酸性電解水を作る給水器と超音波式加湿器を無償で貸与していただきました。

給水器により作られた除菌効果のある微酸性電解水を空間除菌用の超音波式加湿器に入れ、噴霧することで使用します。

市としましては、貸付期間を通じて反応や感想等のモニタリング行い事業者へ報告します。

除菌電解水給水器

超音波式加湿器

設置場所

市役所本庁舎1Fロビー

お問い合わせ

市長直轄組織 政策創造課

電話番号:0594‐24‐1462

ファックス番号:0594‐24‐1412

こちらのページも読まれています

同じカテゴリから探す

公民連携の取り組み事例

トップページ > 市政情報 > 施策・計画 > 行政改革・公民連携 > 公民連携 > 公民連携の取り組み事例 > 【公民連携事例19】除菌効果のある超音波式加湿器の設置